FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

固定クリップ(農園芸用支柱止金具)-1

2012-04-27
先日、固定クリップを製作してくれる会社まで、打ち合わせに行く。会社は県外で、車で片道約3時間
の所だ。
特殊な製品だから、製造出来る会社は九州にも数社しかない。久留米の企業に勤めていた友人の紹介だ。
自分で探した時は、大阪や東京の会社しか思い当たらなかったので、こんなに近くに
見つかって大変助かった。

固定クリップの意匠登録査定までは何とかクリア出来たが、これから先はどうしたらよいのか全然
わからない。従来の仕事である機械設計業務とは、分野が違い、全く勝手がわからないため、
まるっきりの手探り状態だ。
どういう方針を立て、どういう行動をしていけばよいのかなど、いろいろと勉強したり、調べたり
しているうちにすっかり手間取ってしまった。

       
                        キュウリ (のつもり)

打ち合わせから数日して、FAXで費用の連絡が来る。さっそく製作を注文する。それから10日位経って
電話したら、まだ材料が入って来ないから製作にとりかかっていないという。材料の入荷予定を聞くと、
わからないという返事だ。
それでは予定も立てられないし、先に進めない。

それなら自分で,なんとかその材料を探して調達出来ないだろうかと思い、別の友人に聞く。
彼の話によれば、固定クリップは特殊な材料だから、材料のメ-カ-としては、ある程度の注文量に
達しなければ製造しない。普段使用するものだったら大量に生産するからすぐに入手できるが、
めあての材料は2ヶ月位待つ必要があるだろうという。商社にしても、そういう材料は普段
在庫として持ってるものではなく、またすぐに入荷することが出来るものでもないそうだ。

2ヶ月待つのは長すぎる。とりあえずその会社の在庫にある材料に合わせて固定クリップの寸法を
変更しようと思い、その旨をメ-ルで連絡する。もちろん図面もそれに合わせて変更
しなければならないが、それはこちらの専門だ。

その日の夕方近くに会社のほうから連絡があり、材料が手配出来たということだった。さっそく製作に
とりかかると言ってくれた。
ありがたいと思った。いつになれば次の段階へ進めるのだろうかいう気持ちだったので、正直に言って
ほっとした。
まだまだ今からだ。がんばろう。
          
                        



スポンサーサイト
tag :

意匠権-1

2012-02-05
先日特許庁より封筒が届く。開けてみたら「固定クリップ」の件で、
「この意匠登録出願については、意匠法第18条の規定によって意匠登録の査定をします。」
とある。最初どういう意味かわからなかったが、同封の他の書類を見てみると、
どうやら「固定クリップ」の意匠権が認められたということらしい。一瞬ヤッタ-と思ったが、
先のことを考えると、スタ-トの準備が1つ片づいただけのことだ。まだまだ喜ぶにははやい。
今からやるべきことがたくさん控えていることを思うと、すぐに頭の中がク-ルになってしまう。
とはいえ、とりあえずよかったよかった。

「固定クリップ」は、さらにまた特許出願もしているので、こちらも審査請求をしたいと思っています。
意匠権と特許権は範囲などが違うらしいので。
またよろしくお願いします。

意匠権-1 の続きを読む

tag :

固定クリップ(農園芸用支柱止め金具)

2011-12-26
さきに固定クリップについて、ちらっと書きましたが、ここでもうすこしくわしく紹介します。
固定クリップは、園芸用支柱やビニ-ルハウスのパイプを固定する止め金具です。
これもさきのくい打ち機と同様に、特許出願中ですが、さらに意匠登録の申請もしています。
現在いくつかの園芸用の止め金具が市販されていますが、どれも支柱が90度で交わるときにしか
使えなかったり、またどの角度でも使えるが、構造が複雑つで壊れやすかったりするものばかりです。
しかしこの固定クリップは、構造が簡単で壊れることはありません。

        固定クリップ
        いろいろな大きさのものがあります


        ビニ-ルハウス用パイプの枠組み      F1000005.jpg
        ビニ-ルハウスの枠材を組む                    止めた箇所のアップ
        どの角度にも止められます


       F1000013.jpg      F1000012.jpg
       園芸用支柱を組む             止めた箇所のアップ


       F1000010.jpg      F1000008.jpg
       園芸用支柱を組む             止めた箇所のアップ
      (写真をクリックすれば
       大きく、はっきり見られます)

しかも写真に示すように90度はもちろんどの角度にでも止めることが出来ます。
どの角度にでも止めることが出来るということには大きなメリットがあり、90度だけで止めても枠組み
としては、不安定ですが、どの角度にでも止めることができれば、枠組みをしっかりした、安定したもの
にすることが出来ます。少し強い風くらいでもびくともしません。そうするとキュ-リ、メロン等のツルものや、
支柱を必要とするトマトなどのような野菜も、安心して育てることが出来ます。
またビニ-ルハウスのパイプを固定するのにも、現在市販の止め金具よりも強い力が得られる結果と
なっています。
この度この固定クリップの商品化を予定しています。
どうぞよろしくお願いいたします。


tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。