FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

くい打ち機-1

2012-03-11
30年近い前頃、親戚の話で海苔の仕事でいちばん骨が折れるのが支柱立てで、もっと楽に仕事が出来る
機械があれば大変助かるのだが、というのを聞いたことがある。それより以前から、多くのメ-カ-が
そういう機械の開発に取り組んできたらしいが、今に至るまでまだ一度も成功していない。その親戚の話を
聞いたとき今回の「くい打ち機」の構想は思い浮かんでいたが、原理的には難しいものではなく、
また多くの業者さんが取り組んでいるからいつか出来るだろうと思っていたが、いつまでも現れてこない。
その後いつか、海苔をやっている別の親戚に聞いてみたら、そういう機械はとても無理、絶対出来はしない、
と言下に否定されてしまった。そうかなと思いながら日にちが経ってしまったが、この度さらに別の親戚(
今回世話になった親戚)から海へ何度も連れて行ってもらい、作業の様子を見せてもらった。そして自分が
発案しているものを、船の揺れに対応できるように使えばうまくいくのではなかろうかと思い特許出願に
至ったものである。簡単に言えばこういうことだが、その中にはいろいろな人の好意があった。
一番最初は支柱を立てる時期ではなかったため、参考になればと言ってその親戚の紹介で、海に網を
仕掛けて魚の漁(これを「ハゼ」と呼んでいる)をしている親戚(これもまた別の親戚)に連れて行って
もらい、仕掛けのための竹(孟宗竹)を立てる作業を見せてもらった。そしてそれに基づいた装置を考案
したが、海苔の支柱立ての作業とは全く状況が違うため、「ハゼ」にはよいが、「海苔」には全然使いものに
ならないものだった。そしてその後何度も海苔の支柱立ての作業を見に連れて行ってもらうことになった。
-(余談だが、「ハゼ」とは直径約20cm、長さ20m以上の孟宗竹を数千本(ひょっとしたら1万本以上
あるかもしれない)、八の字状に立てて、先の狭くなったところに網を仕掛けて魚を獲る漁で、仕掛け自体も
「ハゼ」と呼ぶ。)-
そして簡易テストのために電動ハンマ-を気軽に貸してくれた知り合いの鉄工所や、テストの時手伝って
くれた友人、別の日には女房も手伝ってくれたし、子供たちもいろんな面で支援してくれた。親戚は何度も
海へ連れて行ってくれただけでなく、まだ使えそうな支柱をテスト用にと譲ってくれた。
こういう人たちのおかげで特許出願することができたのだから、「くい打ち機」を製品として完成させることが
一番の恩返しだと思っている。




関連記事
スポンサーサイト
tag :

くい打ち機

2012-03-09
先日、「固定クリップ」の意匠登録が査定されたが、特許の方は出願だけして審査請求は
まだしていない。まだ期限がたっぷりあるからゆっくりできる。
しかし先に紹介した「くい打ち機」は、特許出願して3年経とうとしている。
出願して3年以内に審査請求をしなければ取り消されてしまうことになっているが、
この不景気の折にそのための出費はかなり痛手となる。
そのためこの3年間を猶予期間として、その間に「福岡県開放特許ガイドブック」
(福岡県中小企業振興センタ-発行)に掲載してもらったり、自分なりに広告の資料を作って
数軒の鉄工所に宣伝に行ったりしたが何の反応もなく、あきらめていたが、締切り近くになって、
何軒かの鉄工所から「くい打ち機」の話を聞きたいという電話をもらった。
そのため再度その原理を見直したり、装置としての実用性を再検討したりした結果審査請求する
ことにする。その手続きは今月はじめに、自分が委任している特許事務所のほうでやってもらった。
何よりもホッとしたのは、手続きが終わったことよりも、特許出願にたどり着くまでの2、3年間の
家族の支援や海苔をやっている親戚の応援を無駄にせずにすんだことだ。それまでの間の家族や親戚の
せいいっぱいのまごころを痛感していたから、このままには終わらせたくない気持ちだった。
まだまだ製品化までには遠い道のりだが、なんとかものにしたいと思っている。

       ここで先に紹介した「くい打ち機」を再度紹介させてもらいます。
          海苔養殖網用支柱打ち込み装置(こちらをクリック)



       海苔の養殖をやっている漁業者は、有明海沿岸(佐賀県、福岡県、熊本県)で
       約2000軒あるそうです。1軒あたり5000本~10000本の支柱を
       立てるとして、合計約1000万本~2000万本の支柱を立てていることに
       なります。これを全て手作業で1本々々立てているから大変な労力です。

       海苔網用支柱立て作業(1)
       
       後のほうで大きなエンジンの音がして映像がぶれたのは、近くを漁船が通った
       時の波のせいです。このように不安定な状態の中で作業が行われます。


       海苔網用支柱立て作業(2)
       
       支柱がきれいに並んでいるのがよくわかります。
       支柱を立てているのが旦那さんで、座って船を操っているのが奥さんです。
       ふたりの呼吸(いき)が合ってないとなかなか仕事はさばけません。




関連記事
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。