FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

有明海

2012-05-27
小さい頃、よく聞いた言葉がある。
それは「金がなければ海に行け。海に行けば金はごろごろころがっている。」という言葉だ。
海には、貝や魚がたくさんいるから、それを獲れば十分食っていける、という意味で言われていたと思う。
相撲や野球でよく言われる「相撲の土俵には、金が埋まっている」「グラウンドにはお金が落ちてる」
というのと同じようなニュアンスだと思う。
もちろんそれには「努力すること」を前提としていることはいうまでもない。
こちらで言う海というのは、もちろん、われわれがいつも恩恵をこうむっている「有明海」のことだ。

矢部川は、今は護岸工事できれいになっているが、自分が小さいころは、船着場の少し上流のところからは、
両岸に葦が生い茂っていた。茂みの中には小鳥が隠れていて、よく網をしかけて獲りにいったものである
(今は法律で禁止されている)。両岸とも潟になっていて、みんな潟まみれになって遊んでいた。
おかげでその時、トラコ-マ日本一の小学校として有名になったことがある。全校生徒が、定期的に、
ねばねばした目薬を目の中にさされていたことをおぼえている。

潟を少し掘れば、ミミズのようなムカデのような、やわらかく細長いものがたくさんいた。それが釣りの
かっこうの餌であるゴカイとは、全然知らなかった。当時は海での釣りの餌には、アサリやアゲマキなどの
貝の身を使っていた。
またドロガニ(と呼んでいたと思う)やカタアシガネ(シオマネキのこと)、ムツゴロウ、トビハゼなどが
川の両岸の潟のところにもいっぱいいた。今では全く信じられないような光景だが、当時は極当たり前で、
見慣れた情景だった。
今はここらでは、海ででも少ししか見られない(カタアシガネは皆無だ)。

川では、流れに向けて川幅いっぱいに何艘も船を並べ、「くもで網」で漁をしていた。
網を引き上げる度に、大きな魚がたくさん入っていて、それを「たも」ですくい獲っている情景は、
見ているだけでも子供心に楽しいものだった。


          
                 カタアシガネ(シオマネキ)の傍で
                 ムツゴロウが跳びはねています


小さい頃親戚の船で潮干狩りに連れて行ってもらった時、潮が満ちてきて船に帰っていたときに、クチゾコ
(舌ビラメ)を踏んづけたことがある。獲ろうとしたら、ころんで逃がしてしまったのが残念だったという
思い出もある。足の感触から十分におかずになる位の大きさはあったと思う。
また海水に浸かった潟にはタイラギがいたるところに口を出し、踏んで怪我をしないように気を使って
歩いた思い出もある。
また「はぜ」の漁では名前も知らない魚がたくさん獲れていた。
有明海は、まさに宝の海だった。

今はどうかといえば、今でもやはり宝の海に変わりはない。
地球温暖化、海底の陥没、海岸の護岸整備等々で有明海の環境条件が、以前とは変わってきているものの、
海に棲む生き物はまだまだたくさんいる。
干拓の堤防から海側に下りていき、波防のために敷き詰められた岩に立ち、海を眺めていると、魚がたくさん
飛び跳ねている。
潟の中にはワラスボや貝がたくさんいる。ワケンシンノス(イソギンチャク)もいる。
釣りにいけば、海岸からでもスズキやウナギ、グチ、セイゴ、エ-ガンチョ(エイ)などがたくさん釣れる。

有明海の冬の名物としては、海苔の養殖がある。
何万本もの竹(海苔網支柱)を立て、それに取り付けて、張った網に育つ海苔の養殖の光景はまことに
壮観だ。
収穫量も眺めに負けずに「日本一」を誇っている。

有明海にはいつまでも、我々に多くの恵みをもたらす「宝の海」であって欲しいと願っている。

            
                   潮が引いて広漠とした有明海。
                   そこは、多くの生き物が棲んでいる
                   「宝の海」です




スポンサーサイト
tag :
コメント:
お早うございます
有明海や矢部川の思い出話を拝見し
昔の豊かな自然を思い出しました

当時筑後川河口でもくちぞこが居て
同じように足の裏で踏み付けたことが
有りました

むつゴロの絵お上手ですね

目の病は当時上水道が町には
なかったからでしょうね
[2012/05/26 08:37] | ぼん天棒 #- | [edit]
コメントありがとうございます。

クチゾコを踏んづけた話は、人に言っても
誰も信じてくれませんでした。
ぼん天棒さんのコメントで
みんなも信じてくれると思います。
勇気が出てきました。

同じ体験者が現れてうれしく思いました。
これからもよろしくお願いします。

トラコ-マはそれ以来
全く聞かなくなりましたが、
今思えば、なつかしい体験でした。
[2012/05/26 20:51] | ブログ初心者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://cudgel.blog.fc2.com/tb.php/14-9572b212

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。